人気ブログランキング |

<   2014年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夕方にぶらっと海に行ってきました。
今日はわりと過ごしやすい暑さだったので、夕方の海は風にあたるとかなり寒い!
f0253303_17495244.jpg
水の中はあったかいよ!

お盆あたりからクラゲが出るのは全世界共通なのかな?
たくさんクラゲが打ち上げられていました。気味悪いので写真はありません・・

f0253303_17564291.jpg
さ・む・い~
by msbrick | 2014-08-14 21:46 | うちの子 | Comments(2)

何だかなあ。。

どこもかしこも結婚式・・なチュニジアですが。
昨日も近所で結婚式がありました。これについては、とても複雑な気持ちでした。

結婚した男性は、2年前に外国人女性と離婚しました。つまり今回は再婚。

元奥さんだった外国人女性には、私がこちらに来た当初、
子どもの注射や学校のこと、食べ物など生活に関わることなど相談したり、こちらでの苦労を愚痴ったり雑談したりしたものです。
彼女は、当時心細かった私には頼もしい存在でした。

彼女の夫は、彼女の出身国で仕事をしていて、彼女とその子供たちだけでこちらで生活していたのですが、
彼女がしきりに帰国したがっていたのを覚えています。

まあ、いろんな事情があったのでしょう。彼らは離婚して、彼女と子供たちが自国へ戻ってしまい、
私もとてもさびしい思いをしました。

それから2年後の今、男性はこちらの女性と再婚、元妻と子のいた家でパーティをしてるのです。
再婚相手の女性の家もすぐ近所なので、こちらでも派手にパーティ音が響いてきます。

このへんの人は、みんな元奥さんのことも可愛い子供たちのこともよく知っています。
まだまだ忘れていません。

新しい妻を連れて元妻の出身国(先進国)に居座るんだろうなあ。。(←この形態、最近増進中)

他人事、なんですが、、何というか、ナンだよなあ、なんだかなあ・・な気分なんです。

思い出すのは、小さい子を抱っこしたあの彼女と、明るく美しい子供たち。
元気で幸せでいることを願ってます。
by msbrick | 2014-08-14 16:52 | 雑感 | Comments(0)

4歳

8月はどうも、身内のイベント続きです。
スーパームーンの11日は、娘の誕生日でした。4歳になりました。
無事にここまで大きくなったことを感謝する日です。
f0253303_4194625.jpg


ついでに・・1歳
f0253303_4203236.jpg

2歳
f0253303_421101.jpg

3歳
f0253303_4213477.jpg

by msbrick | 2014-08-11 23:15 | うちの子 | Comments(2)

自慢です

今日は、市民会館に行ってきました。

なぜそんなところに用事が?というと・・
各小学校の生徒で、成績が一番よかった子を集めて表彰してくれる、という催しがあったのです。
実は、息子は前年度1番になったので表彰されに行ってきました。エッヘン!!
f0253303_21481547.jpg
きょうだいで登壇OKなのはチュニジアならでは、かしら。。

学年で1番、といっても、息子の通う学校で息子の学年は30人程度、1クラスしかないし、
ほとんど全員の子が勉強は落第しない程度に、というユル~いところなので
たくさんの生徒が「お互いが切磋琢磨しあって」とか、「しのぎを削って」という環境ではないのですよ。

それでも、息子は一番になりたいという明確な目標をもって、真面目に取り組み結果を得ました。
こういう気持ちって、大人になると忘れがちですよね。
息子がテストのために詩の暗唱に懸命になっていた時、なんだか胸がアツくなりましたよ。
f0253303_21521758.jpg
二人で撮るのは数年ぶり~!
by msbrick | 2014-08-10 21:55 | 日記 | Comments(4)

チュニジアはどう?

私が初めてチュニジアに来たのは、結婚後1年経った、ちょうど12年前の今頃でした。
チュニジアに来る前イスタンブールにおり、チュニジアもおそらくこのくらいの発展程度なのかな?と思っていたのです。
が、夫がことあるごとに
「チュニジアはトルコなんかよりもっときれいだ、もっとすばらしい」と言っていたのでかなり期待していました。

でも、来てみたら・・砂埃にまみれ、道はゴミだらけ。全てがモノクロに見えました。
エ~!!こんなとこなの?話が違~う!!
それはそれはもう、詐欺のレベルです。

お茶できるところもレストランもなく、不便で全然楽しくない。
夫の家族はこぞって、「チュニジアはどう?どう?」と聞いてくるので、
「ゴミばかりで汚くつまんないトコです」というわけにもいかず、
「とーーってもいいとこですねえ。日本にはこういう自然は少ないです」などと答えておいたことを覚えています。

今でも相変わらず道は汚いしゴミも砂もすごいし、娯楽がなく不便ですが、
住んでみると慣れてくるのと、非常に少ないですがそれなりに良さもあるので、以前のように嫌だとは思いません。

今回、甥の結婚式で、初めて甥(結婚した甥の兄)の奥さんであるモロッコ人女性に会いました。
その時に、
「チュニジアでの滞在中、どこかへ行きますか?ケリビアとか、ハマメットとか、いいところがありますよ」
と、たずねてみました。

すると以下の答え。
「モロッコはもっともっと美しいです。わざわざ時間をかけてチュニジアをめぐることはありません」

「チュニジアがこんなにひどいところだと思わなかった」とも、後でもらしていました。

うーん、まあそうだろうなあ・・・。
彼女はカサブランカ育ち&在住の都会のお嬢さん。
しかも、私のように、夫から「チュニジアはモロッコよりずーっといいぞぉ」と聞いていたに違いないのです。
多少は期待していたかもしれません。でも来てみたらガッカリ、どこも行く気がしない、そんなとこでしょう。
似た経験を私もしたので、気持ちがわかります。

チュニジア人ではない私ですが、マイナスイメージばかりで彼女が帰国してしまうのはとても残念です。
あと1週間ほど滞在するそうですが、何か「来てよかった、また来たい」と思えることがあるといいですね。
by msbrick | 2014-08-09 19:59 | 雑感 | Comments(0)

結婚式にて

甥の結婚式にて。花嫁側のパーティーに参加したことは何回かありますが、花婿側の方は初めてです。

男性もヘンナをするんですね。ボディーペイントをするところです。
f0253303_2223490.jpg

甥二人。白い方は長男坊、黒い方は三男坊です。同じ兄弟とは思えませんよね。
長男はモロッコ在住で数ヶ月前に現地女性と結婚し、今回は奥さんを連れて一時帰国しました。

f0253303_2224132.jpg

男性パーティはともかく男くさい!上半身裸、肩車、胴上げ。。女性パーティにはない異様な盛り上がりです。
これはこれで楽しめました。男パーティは地味、というイメージがなくなりましたよ。

上述長男とモロッコ人の奥さん。チュニジアでは結婚衣装を着て写真撮影しました。
息子と娘、義母と姪も一緒におさまりました。
f0253303_22244170.jpg


三男新婦もやってきました。
f0253303_2225794.jpg

新婦はまだ18歳だとか。若くて初々しい感じ。

今まで、今住んでいる町でのパーティしか見たことがなかったのですが、今回は違う町でした。
車で15分ほどのところにある小さな村ですが、ちょっと離れているだけなのにガラッと雰囲気が違います。
垢抜けていないという意味ではなく、何というか、土臭いのです。
村の人ほとんどがパーティに来てたのですが、みんな踊りが好きで、年齢・性別を問わずガンガン踊ります。踊り方も派手。
屋上に登ったり、頭に火鉢をのっけたりバリエーション(?)も豊富でした。地域性ってあるんですね。他の地域はどうなんでしょう。

この1週間ずーっとパーティで、ちょっと疲れました。しばらくゆっくりします。
by msbrick | 2014-08-07 10:59 | 日記 | Comments(0)

いとこ婚

今夜は甥の結婚式です。

先日の結婚式の花嫁とこの甥、ある共通点があります。
それは・・親がイトコ婚だということ。
彼らの親世代は、まだまだ人が少なく出会いも限られていたので、こうした結婚もわりとあったことでしょう。

先日の花嫁の父親も母親も夫にとっては従兄弟にあたります。
なので、夫は気軽にこの家とつきあっていて、その流れで結婚式に出席となったのです。
従兄弟の子供の結婚式の場合、親しくないと出席しませんよね。

甥は、夫の一番上の姉と、夫の父の腹違いの兄の息子が結婚してできた子です。
甥を含めて3人男の子(と言ってももう大きい)がいますが、3人とも成長期に血圧障害が出たので、
念のため今後は血縁婚は避けましょう、と医者に注意されたそうです。
従兄弟婚は医学的にも認められているはずですが、何かしらの障がいが出ることもあるのでしょうか。

義母は、娘・息子の家には滅多に足を踏み入れませんが、
今回結婚の甥の家=長女の家にはしょっちゅう出かけていきます。今回なんて泊まり込んでいます。
相性もありますが、たぶん気楽なんだと思います。そのあたりは血縁婚ならではのことでしょう。

息子のお友達にも、親が従兄弟婚という子がいますが、
その家は父方の祖母と母方の祖父がきょうだい、父方の祖父と母方の祖母もきょうだいという、スゴい濃い血縁関係です。
さすがにここまで濃いと、他人様のことながらちょっと心配になります。。

人口が増え、移動手段が増えた今、血縁婚はますますなくなることでしょう。
遠くからの花嫁・花婿が増え、うちのように国際結婚も多くなりました。
時代とともに変わるもんだなあ~・・

何だかとりとめのない話になってきて、収拾がつかなくなったのでこのへんで。
by msbrick | 2014-08-05 08:39 | 日記 | Comments(0)

花嫁さん

夫のいとこの娘の結婚式にて。本日最終日です。
f0253303_22231178.jpg
小さい花嫁さんが二人も!
f0253303_2225397.jpg
ここにももうひとり。汚れるからお外で遊んじゃダメ!と言われてグズってます。
花嫁のほかは白を着てはいけない、というのは日本だけ?それとも子供は許されるのかな?
それにしても、みんなよーやるわ・・

本物の花嫁さん、美容院から車で登場。
f0253303_22283687.jpg

f0253303_2229178.jpg
到着後は化粧崩れしないうちに、即撮影開始です。ポーズ指導をうけているところ。
娘は興味しんしん。今後のおままごとに取り入れるかな。
by msbrick | 2014-08-03 23:21 | 日記 | Comments(0)

またまた、結婚式

イードが終わると、怒涛のようにやってくる結婚式。
8月は3件もあり、うち1件は夫の従兄弟の子供のもので、昨日、明日、明後日と続きます。
そう、1件の結婚パーティが長いのがチュニジア式で、今回のは5月の義姉のように簡略でなく、本式でやるので全部で1週間くらいかかり、そのうち私が顔を出すのが3日間です。
荷物を新居に運ぶ日、ハンマームの日、ヘンナの日、内輪だけのパーティの日、書類サインの日・・・いやいや、大変ですねえ。
招待される方は気持ちのお祝い金を渡し(この時ものし袋だののお作法がないので楽チン。現金裸のままそっと渡すだけ。)、音楽を聞いたり踊ったり、好きに過ごし、自分の都合で途中退出OKなので、個人的には気楽でいいと思います。

でも・・困るのがパーティ用の服!!
3日間もあると、毎回同じというわけにいきません。
若い子はキュートなおしゃれ服で何とかなりますが、私くらいの年の人は、みんなパーティ用の服を何着も持っていて、いつも違うのを着てきます。
この、パーティ用のフォーマル服がやけに高いので泣きたくなります。。
このへんの女性の1ヶ月分の給与くらいでしょう。みんなよく買うなあと思います。

それだけの大枚はたいて買うお洋服は、目の保養になります。
普段は化粧っ気のない女性たちがみんなこぞってお化粧バッチリし、ここぞとばかりに美しい服で着飾るのですから。
昨日はスゴい人もいました。真緑のスパンコールを全身に散りばめたロングドレスのブロンドの女性。ゴツい金のアクセサリーもジャラジャラつけていたので、歌手かと思いましたがただの招待客でした。
ダントツ目立ってましたね~~場末のスナック巡りの演歌歌手でもこれはないわ・・な感じなんですが、不思議に似合って違和感がなかったですね。

小さい女の子もいろいろおしゃれします。(子供服も高いんだ、これが。。。)
マリもお気に入りの水玉ドレスを着て、最前線で踊ってました。この子は間違いなくパーティを満喫するタイプです。飲み物をさっさと自分で調達したり、花嫁の隣りに座っておすましして、ポワーンと花嫁気分に浸ってみたり。

男の子と男性は清潔でさえあればテキトーな服でいいので、それは助かります。
男の子はフォーマルなんて堅苦しくて無理です。すぐ汚してくるし。夫もだ・・

あまり娯楽のない田舎では、人々にとっては結婚式が最高の娯楽であり、気分転換なのです。
私も普段出かけるところがないので、「今夜はお出かけがある!」と思うとちょっと楽しいです。
それだけこっちの暮らしにドップリつかってるんでしょうかね~。

f0253303_3172257.jpg
結婚式大好き!
by msbrick | 2014-08-01 18:32 | 日記 | Comments(0)