人気ブログランキング |

<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

レゴ

息子はまた最近レゴで遊び始めました。
レゴ→ベイブレード→ビー玉→棒でチャンバラ→ダンボールでラボ作り→お店屋さんごっこ→レゴに戻る
というように、同じ遊びを繰り返しやりながら、少しづつ進化させているようです。
レゴで作るものも、前は銃や飛行機、動物でしたが
今回は家、居住スペースのある宇宙船、ドラゴンなどです。

f0253303_2041371.jpg
3つ頭があるドラゴン。

f0253303_20421613.jpg
お友達M君作、宇宙船。この子は細かいところにこだわって作っています。

レゴのパーツ、とっても細かい部分は、ずいぶん前に夫がスポーツカーを作った時のものを分解したものです。
f0253303_20451640.jpg
夫が毎日1時間かけて何週間かで完成させました。

f0253303_20472080.jpg
完成品。

完成後はしばらく飾ったあと分解ししたのですが、こんなに細かいパーツ今後使うかな?と思っていました。特殊なものもあるし。
でも、今フル活用されています。レゴって無駄がないですね~。

娘はあまりレゴに興味なし。いくつか組み合わせてはみるのですが、意味のある形にはあまりならないです。
f0253303_20521545.jpg
踊ってる方が好き!気分は・・フラッシュダーンス!!(古すぎ?)
by msbrick | 2014-04-29 20:53 | うちの子 | Comments(0)

一日遠出

息子の教科書をもらいに、チュニスの大使館まで行ってきました。
チュニスに行くのは2年ぶりです。
以前はチュニスやナーブル(この辺で一番大きい街)に行くのが楽しみでしたが、
遠出を全くしない生活を送っていたら、首都に行くなんて緊張するしなんだか億劫になってしまいました。

私は世界で有数の忙しい首都、トウキョウに住んでいたこともあったのよ~!!
あの入り組んだメトロを乗りこなして、通勤していたのよ~!!
・・と自らを奮い立たせ、洋服とバッグのシワを伸ばして行ってきましたわよ。

チュニスまでは、ラワージュという乗合バス(7~10人乗り。人数が集まったら出発)を利用するのですが、
この料金を払うタイミングがなかなかつかめなくて、いつも苦労します。
通常は走行中に運転手に渡すのですが私はこれが苦手。
運転しながら金額を確かめ、お釣りを数えて渡すなんて。
ちゃんと前見て!運転中は運転に集中してほしい。見ていてハラハラします。
なので、私は目的地についてから降り際に渡しています。
運転手さんにしたら、「この人、いつ払ってくれんのかな~」て思っているのかな?

さて、チュニスに到着すると、最寄りの路面電車の駅まで7分くらい歩き、
10年ぶりに路面電車に乗りました。
どっちに進むのか、どこに向かうのかよくわからないし、到着の各駅に駅名表示がないところもあり
アナウンスも皆無。路線表もなし。みなよく乗れますね・・
駅員さんに聞き、乗客に聞き、降りてはお店の人に道をたずね・・トータル5人ほどにお世話になりました・・
何とか目的地に到着し、無事に教科書をいただけました。

乗合バスの停留所からタクシー使えば、こんな苦労しなくていいんですけどね。
割安で便利とはいえ、もうケチケチしみったれ生活が染み付いてしまって。
何か、もったいなくて乗れないんですよね・・・

チュニスの繁華街はショッピングセンターやおしゃれなお店がたくさんあります。
が、中年向けの服があんまりない・・若い人のばかり。
しょうがないですね、チュニジアは子供と若者が多い国ですし。
着られそうな服売ってないかな~、とチラチラ見たのですが、やっぱりない。
2年前は楽しかったのにな。この2年でいったい何かあったのか、私・・
帰り際、通りがかりに寄ったスーパーモノプリの方が目を引くものがたくさんあり、
思わず生き生きしてしまいましたよ。

帰宅すると、夫が困り顔で
「ママに置いてかれた。もうママが戻らないかも。ママのところに行きたい!」と娘が泣いて大変だったと言っていました。
普段は私を置いてけぼりで、夜まで畑で遊びほうけているのに。
ちょっと疲れて帰宅してもやることがたくさん。子供たちにおやつの用意をして、洗濯物を入れて、パンを買って。。
こうしてあっというまに一日が終わります。
by msbrick | 2014-04-24 23:23 | 日記 | Comments(0)

お見合いの結果

昨日は義姉のお見合いでした。
息子が風邪気味で熱があったので、結局私と子供たちは行かず、夫だけが行きました。

結果・・・お互いに気に入り、来月末に結婚式~!!

ついこの間義姉に会った時には、
「今年は結婚式ばっかりだね~。8月は甥2人に、姪、9月に従兄弟の娘・・」
なんて話していたんですよ。
それが、そう話していた本人が一足早く結婚するとは。

義姉はこれから1ヶ月、花嫁道具を揃えたり、エステでお磨きしたり忙しくなります。

文化的な掟なのかイスラムの規律なのか知りませんが、
結婚が決まるまでは、女性は体毛の除去や化粧が認められていません。
義姉は当然それを守ってきたので、眉毛を整えたことがなく、化粧っ気もなかったのです。
おしゃれな義妹がいろいろ連れ出して、あでやかに変身することでしょう。
こちらもワクワクします。

義母は、「私が死んだらこの子(義姉)は一人になってしまう」と心配していたので、
結婚が決まって寂しいけれども安心のようです。
でも、義姉が家を出ると義母が実家で一人になるので、
義母は大丈夫とはいうものの、やっぱり心配なので、
みんなでかわるがわる様子を見にいくことになりそうです。

義姉のお相手の男性がうちの近くの一軒家に今は一人住まいで、
結婚後は、義姉はご近所さんになります。
赤ちゃんが生まれたらお手伝いに行ける!(気が早すぎ?)
by msbrick | 2014-04-22 18:24 | 日記 | Comments(0)

縁談

義姉が「実は縁談が来ている」と言い出したのは、一昨日のことでした。
そして、「家族に異存がなければ、相手に会ってみたい」と。

おお~!!
義姉、推定44歳、とうとう縁談に興味を示した!!
異存なんて誰もないよ~!

田舎で出会いはなくとも、年頃になるとどこからともなくやってくる縁談。
それを義姉は、結婚生活にまるで興味なしと、相手に会うことすらいままでなかったのです。

女性は35歳くらいからは、うんと年上からの縁談が多くなります。
義姉の今回のお見合い相手も、50代後半の男性。
奥様とは7年前に死に別れ、再婚の希望です。
子供4人も全て結婚し家を出て区切りがつき、新生活を始めたいとのこと。
子供たちもみな男性の再縁を望んでいるそうです。

相手に顔合わせOKの意向を伝えると、、
何と、明日がお見合いになりました。話が早いなあ。

そして、お見合いがうまくいけば1ヶ月後には結婚なんだとか。
ウッソ~!!

初婚で新郎新婦とも若い場合は、婚約してから1-2年後結婚、なんてことも普通なんですが。

そして、もうちょっと相手の男性の評判を聞くと・・・
実業家で、人柄もよく、経済的にも問題がまるでナシとのこと。
何ヘクタールもの畑を所有、子供のためのサッカーグラウンドを提供、
空手教室や各種スポーツジムを運営、などなど。多忙ですね。

義姉は相手の懐具合で人格を決めるような人ではないですが、
お相手に何か「会ってみたい」ポイントがあるのだと思います。
いいご縁だといいですね。

お見合いは私も出席します。着られる服あるかな~・・・
by msbrick | 2014-04-20 17:30 | 日記 | Comments(0)

怖い畑?

夫が3年間借り続けた畑、来季からも借りる方向で話がついていたはずだったのですが
大家さんの気が変わって売りに出すことになり、返却することになりました。
夫の実家のすぐ近くで、私たちにとっては便利だったし
愛着もでてきた土地だったので名残おしいです。

さて、買い手がつくまでの管理人として、少し遠くの町から26歳の青年がやってきました。
畑に小さな小屋があり、そこに住み込みで管理と番をするのです。
夫はその青年に、水のやり方や電気関係のこと、その他を引き継ぎしました。
若いけれどしっかりしていて頼もしい感じだったそうです。

が、1週間もしないうちに、
「ここはとっても怖いので、辞めさせてください!」
と言って、実家に帰ってしまったんです・・・・

怖いって、もちろんお化けじゃないですよ~。
いや、一人でポツンと畑にいるとやっぱり不気味かな・・いろいろ噂もあるし。

それより、凶悪な泥棒が怖かったらしいです。
最近は泥棒が多いですからね。つい先日も近所の畑で牛3頭がやられました。
イマドキの泥棒はかなり武装していることもあるので
「泥棒がいる」と気づいても出ていけなかったようです。
もし鉢合わせなんかしてしまったら、何されるかわかりません。

・・・あれ?でも、泥棒よけのための番人じゃないのかな?

私たちは今度は息子の学校に近い畑に移ります。
前より広いので管理は大変ですが、がんばってやっていきます!
by msbrick | 2014-04-15 18:16 | 日記 | Comments(0)

偽物プーマ

先日の曜日市で靴下を買いました。偽物のプーマです。
純正のピューマは、偽物とは精悍さが違います!
f0253303_15482571.jpg

ロゴも何か微妙・・
f0253303_154930100.jpg

履くとこんな感じで、ますますピューマでなくなります。黒いシミにしか見えないよ~
f0253303_15515525.jpg
プーマのトレードマークは曲線が多くてコピーしづらいんですね。

他にもナイキやアディダスも大量に売っています。
スポーツブランド気分を味わいたいときはコレがあるさ!
by msbrick | 2014-04-12 16:06 | 日記 | Comments(2)

友達の距離

今日はチュニジアは祝日で学校はありませんでした。
やったあ~!お友達とたくさん遊べる!

で、息子はお友達のMくんとずっと一緒。
パソコンを見ているときもこんな状態。
f0253303_0212973.jpg
M君にベッタリの息子と、ちょっと迷惑そうなM君。
チェック柄パンツ丸見えのズボンの方が息子ですよ。股上の深いズボンが欲しい~
by msbrick | 2014-04-09 17:19 | うちの子 | Comments(0)

子供の頃

子育てをしていると、自分の子供の頃はどうだったかな、と思い返すことが多いです。
お小遣いは小学5年生からだったな~、とか、
学校の宿題は多かったか、ちゃんとやったか、家でテレビはどのくらい見ていたか
などなどです。

日本ではごく普通の家に生まれ育った私ですが、
夫の子供の頃の話を聞くと、あまりの違いに本当にびっくりします。

途上国、ド田舎、多い兄弟姉妹、主義のために戦い家族のために働かない父親、物心ついた時からの労働。
雌牛と雌鶏と近所との助け合いのおかげでかろうじて飢えずにすみ、何とか教育も義務課程は終了できた
というような境遇で。
子供の頃を思い出すと辛いことが多いので、自分の子供には絶対に貧乏させたくないと夫は言います。

宿題をやろうにも通学と労働でクタクタ、照明がないので夜は真っ暗
お小遣いをもらった経験なし
テレビは近所の家でたまに見せてもらった・・・等々。

当時は別になんとも思わなかったようですが
今になって思い返すと切なくなるらしいです。

そういうことで、息子や娘の生活態度について話していても、
ついつい「今は恵まれてるよね~」で終わってしまい、何を話したかったのかわからなくなります。

日本人どうしの結婚でも、子供の頃の生活の違いっていろいろあるんでしょうね。
by msbrick | 2014-04-09 01:17 | 日記 | Comments(2)

よくある

チュニジアの庶民あるある!(?)を2点ご紹介します。

まず、これ。
f0253303_233467.jpg

昨日すごい雨が降ったのですが、その時の我が家のテラスの部分です。
雨樋が途中でチョン切れていて、屋上の水がテラスを伝って、奥の穴に落ちます。
屋上は日本人が想像するようなかっこいい屋上とは違います!
コンクリートがむき出しで、その上に申し訳程度に薄いコーティングコンクリートがしてあります。
そして、そのコーティングがペロンペロンと剥け、すさまじい量のゴミが出ます。
その上、2、3日掃除していないだけで、
ネコがトイレに使えるくらいの砂埃が溜まります!
いきなりの土砂降りで、このようなゴミが一気に雨水と一緒に、テラスを伝って流れていきます。。
(あ、写真は、ある程度ゴミが流れ、掃除してキレイになったところを撮りました。
雨の降り始めは真っ茶色です)

自分で家を建てる時は、ゼッタイ雨樋完備にするぞ!
と、心に固く誓う私でした。。


もう一つ。
我が家のトイレ・洗面・シャワースペースは、電気線が切れたらしく
電球を入れ替えても電気がつきません。
そこで、ローソクを愛用しています。
でも、このローソクが一癖も二癖もありまして。
ひと箱買うと、こんな感じです。
f0253303_2344333.jpg
↑表面
f0253303_235206.jpg
↑裏面

1本づつはがしづらい&立てづらいよ・・・

ごくごくたまーに、まっすぐなローソクがあると、「おお!」と感動します。
箱はセロテープできっちり止めてあって、中を確認して買えないし、
どうせ見たってほとんど全て曲がってるでしょうね~

普通に暮らしているだけで笑えることたくさん、チュニジア!!
by msbrick | 2014-04-03 02:41 | 日記 | Comments(0)