人気ブログランキング |

<   2013年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

幼稚園行かない!

この月曜から幼稚園に行き始めた娘。でも、もう「行きたくない~!」
どうして行きたくないの?ときくと
「小さい子がいないから」と。
やはり小学生だけのところに入れたのは無理があったか・・。
小さい子も徐々に増えるとは思うんですけどね、今は娘が最年少ですから。
大きい人に世話をやかれるみたいです。
娘はどっちかというとお世話をして認められたい方なので、お世話の対象がいないとツマランのかなあ~。

それに、団体行動というのを初めて経験したから驚いたかもしれません。
家では自分のやりたいことをしたい時にできますが、幼稚園ではそうはいかないですものね。
泣き叫ぶ子を無理やり連れて・・・というのもストレスなので、「明日は行こうね」と約束して、今日はお休み。
徐々に慣れて欲しいです。


ところで、チュニジアで自爆騒ぎがあったんですよ。
このごろガサガサ、トゲトゲした雰囲気です。

だいたいどこの国もそうですが、経済や政治が立ちいかなくなると、
「異なる文化を持つ人」のせいにされますよね。
異教徒とか、外国人とか。オマエラがダメにしたんだ~!と。
本当にそうである場合もありますが、そうでない時もあります。
今回はそうでない時だと思うんです。革命に外国人は参加していませんから。うまくいっていないのは、自分のせいです。独裁者を許していた自分たちのせい。
変なふうに怒りの矛先が向かないように願います。
by msbrick | 2013-10-31 23:03 | 日記 | Comments(2)

マリ、幼稚園へ

とうとう、娘が幼稚園(というか託児所)に行き始めました。
マリの幼稚園選びの機会にと、いろんな幼稚園を見たかったのですが
現実的に通わせやすい所2ヶ所をみて、決めました。
当の本人はどこでもいいから行きたいという感じです。

9時から12時まで、おやつとワークブックと文房具持参で行きます。
一軒家を改装したできたての託児所ですが、
今は園児はほとんどおらず、小学生が多いです。

・・というのは、こちらの小学校、授業が8時-10時と14時-16時など、
空き時間ができてしまうのです。
10時で一旦学校が終わり、午後の部は14時からだと、
10時~14時は自宅で過ごさねばなりません。
でも両親が共働きで家に帰らない子や、家が遠くて帰るのが面倒な子は
こういう施設で時間を過ごします。

娘は、小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんと一緒に、おすましして塗り絵をしているそうです。
本当は年齢に沿ったお遊戯や活動をさせたいんですけど。。
あまりぜいたくは言えません。
娘は喜んでいます。

f0253303_19113011.jpg
洗濯物も干せるよ!
by msbrick | 2013-10-29 19:13 | うちの子 | Comments(0)

グアバをいただきました

義兄が、畑でとれたグアバを持ってきてくれました。
こちらでは、ホーフ・ロンマーン(桃ざくろ)と言っています。

f0253303_20171351.jpg

ネットリとして、独特の匂いがあります。
皮ごとムシャムシャ食べられます。
こちらでは、お砂糖をかけて砂糖に味を染み込ませて食べる(?)らしいですが
うちは常に糖分取りすぎ一家なので、それはやめようと思います。

私はちょっと苦手な味ですが、
息子は「あれば食べる」方。
娘は「好きで好んで食べる」ほうです。食べさせすぎないようにしないと。
夫は・・・「匂いがきつくて家中グアバ臭いから、外に出しといたヨ」。好きではないようです。残念~!

ビタミンが豊富なようですね。
みずみずしくて美味しいうちに、適度にいただこうと思います。
by msbrick | 2013-10-27 20:24 | 日記 | Comments(0)

音痴の言い分

うちは、息子も娘も音痴です。

息子より1歳年上の甥が、3歳のときに「おもちゃのチャチャチャ」をそれはそれは上手に歌っていて
うちの子も3歳になればこんなに上手になるのかな?と思っていましたが、
7歳を過ぎた今でもいっこうに歌えません。
ラップかお経のようになるのです。
音感というのは天性のものなのかな、と思っていました。

息子も娘も音痴でも音楽は好きで、よく口ずさんでいます。
最近もアニメの主題歌を息子が歌っていたので、思わず・・

「ねえ、歌って、メロディがあるんだよ。上がったり、下がったり。
ママが歌うのと、ユーのは違うよね。
わかるかな~?」

と言うと、

「うん・・。だけど、歌のことばを言うのと、それをリズムに乗せるのが精一杯で・・。無理」
という答えが返ってきたのです。

なるほど!
歌を歌うって、歌詞を言う、リズムにのせる、さらにメロディをつけるという
実は複雑な作業だったのか。
(知らなかったのは私だけ?)

息子や娘は同時進行することが苦手なんだと思います。

まあ、できないのは仕方ない。
音痴でも音楽を楽しんでくれるといいです。
by msbrick | 2013-10-25 19:55 | うちの子 | Comments(2)

チュニジアで、心の叫び

今日、洗濯機が壊れました。
今年の2月頃買ったのですが、予想通り、もう!です。

約3年前、初めて買った洗濯機は脱水層を直し、洗濯槽を直し、
その後また脱水層が壊れたので諦めて新しいのを買ったのです。
これに限らずたいていの二層式洗濯機は、脱水層が壊れ、洗濯槽が壊れるというのが通常のパターンですが
今回は洗濯槽の排水/洗濯切り替えスイッチが壊れました。

洗濯後に洗濯槽の水を抜こうと思ったら、切り替えできずに水が流れなくなったのです。
切り替えのスイッチ部と、実際に切り替えを行う部分の接続が切れたような感じ。
仕方ないので手桶で水をかき出し、最後は洗濯機ごとひっくり返して水を取りました。

なんとか洗濯物を干し終わると息子がやけに早く帰宅しました。
「先生がほとんど来ていなかった」そう。
ストなんですって~。

ここで、私の怒り、フツ、フツ。。。

あのさ~
学校の先生って、そんなに条件悪くないよね??
日本みたいにPTAとかないし、生活指導や進学相談もない。
休みはたくさんある。夏休みなんて3ヶ月まるまる。
余暇で私塾を持ってもいい。

ストの内容が、
「学校の教材が乏しすぎる」とか、「内容が充実していない」ならともかく、

「給料が少ないぞ~!もっと上げないと授業してやんないぞ~!」

・・・・。
じゃあ、アナタたち、給料が上がれば教育のことに集中して、生徒のために頑張るわけ??
「あっちの学校の方がいいかな~、あっ、やっぱこっちのほうが生徒が少ないし駅から近いからこっち?ど・こ・に・し・よ・う・か・な?」みたいに、一度決まった学級を放り出したりまた受け持ったり、
わがままづくしをやめられる?
できないでしょ!

ストだの何だの、自分の主張をする前に・・・
自分のしてきたことと待遇が見合ってるかどうか、考えてみたら!

生活が苦しいからって泥棒やタカリ、せびりが増えてるし・・・
「こんな給料じゃ仕事やんないぞ~。やんないけどカネがいるから、あるところからもらう。」→言語道断。
「俺様(あたくし)に仕事してほしかったら、待遇をよくしろ~」
そういう奴は決まってサボリの常習犯。仕事ちゃんとしてから言え!!!

洗濯機くらいちゃんとつくれるようになってから、各種「私の主張」せいや~~~!!

ハァ、ハァ、すっきりした。。。
by msbrick | 2013-10-23 22:49 | 日記 | Comments(2)

美しい家

今日は息子は先生たちの会合のために学校が休みです。
会合や会議って、放課後など子供の学業に支障がないように組むのが普通かと思っていましたが。
こちらの先生は、本当に授業の時間だけが仕事時間で
授業以外に必要な、学校都合の打ち合わせがあると
授業をつぶして行うんです・・・。
これって、世界的に普通ですか???

息子の担任もまだ決まっていませんが、幸い(?)数週間前に辞めた先生が「やっぱりこっちの学校の方がよかったから」と出戻ってきたため
その先生がとりあえずみてくれています。いないよりマシでしょう。
というか、新しい先生は来ずにこのままいくと思います。

無料の注射より子供の教育を考えてちょうだい、時の政府よ・・・頼むよ~

さて、息子は家で留守番させておいて、マリとお買い物に出ると、
近所の美容院のお姉さんが「おいでおいで」と。
流れで、なんとなく家に入れてくれました。
私はそんなに親しくはないのですが、マリをよく可愛がってくれるのです。

それにしても、チュニジアの家でいつも感心するのは・・
みんな、家の中がとってもきれい!!!

生活感がないほどに片付いてるんですよ。
読みかけの雑誌、飲みかけの飲み物、作りかけの手芸・工作、、、
そういうもの、一切ありません。
非常にスッキリ、チリひとつなく、今掃除ばっかり?という感じ。

文房具、メモ、計算器、本・・そういったもの、すぐ手に取れるところに置いときたい私は
家がいつもウルサイ感じがします。
まあ、うちはモノが多いのに収納が圧倒的に少ないですから。

かなり前に夫のいとこの子供(といっても25歳)が家に来たとき、
「こういう状態では普通、他人を家にいれないし、入った人はまわりに言いふらすからいつもきちんとしておいたほうが良い」
とはっきり言ってくれました。
それ以来整理整頓には気をつけているつもりですが
チュニジア式スッキリには程遠いです。

また、こちらの家は床もきれいです。
ハイターのような塩素系の薬剤に洗濯石鹸をとかしたもので床をゴシゴシするので(しかも素手で)、
黒ずみがないんですよね。
こちらの主婦には本当に感心します。

美しいお宅を拝見し、手作りのお菓子をいただいて、しばし過ごした後
「では、息子が待ってますので」と、お暇しました。

帰宅して・・・息子はいろいろちらかして、またよくわからない工作をしていました。
なんだかなあ。うちが美しくなるのはまだまだ先の話です。
by msbrick | 2013-10-22 16:08 | 日記 | Comments(0)

半年ぶりのスーパー

今日は、久々にスーパーマーケット『カルフール』に行ってまいりました。
前回は4月に行ったので、約半年ぶりです。

実はスーパーがメインではなく、その近隣に警察署があり、
そこで私のビザ更新の催促をするのが本来の目的なんですが。
ビザはまだできていませんでした。というか、ビザ部門が今日はなぜか閉鎖・・。
無駄足でした。

でもこうしてスーパーに来れて幸せ~!
なぜかというと、ここにしかないものがあるからなんです。

f0253303_0565233.jpg
例えば、ラーメン、ケチャップ、虫除け剤の詰め替え、ティーバッグの紅茶。

他にも雑誌とか、生鮮食品(買わないけど)、おもちゃ、舶来もののお菓子(高い)、トルココーヒーでない挽きコーヒー、パンツ型のオムツ(今は使わないけど)など。
今日行ったところは小さいのですが、違う店舗だと大型電化製品や洋服、化粧品も豊富にあります。近くに喫茶店があっておいしいコーヒーも飲めるし。こういうところも年に一度は行きたいな~。

昨日から、何を買うかメモっていてうれしくてたまらなかったのです。
スーパーマーケットに行くのがこんなにうれしい大人になるとは思ってなかったなあ。

小さな幸せを楽しめるようになったのか・・
そんなことしか楽しみのない悲惨な人生に自分でしてしまったのか・・・
by msbrick | 2013-10-22 01:09 | 日記 | Comments(0)

キャンペーン

前の金曜、息子が帰宅時に
「『日曜日に学校の近くのお店で無料の注射があるから、家族みんなで来て下さい』って先生が言ってたよ。」

・・・????

無料の注射って??
しかも、家族全員でお越し下さいって・・注射祭り??

私の頭の中はハテナマークでいっぱいだけど、怖いものみたさで行ってみたい気も(日曜はバスが少ないからいかないけど)。
とにかく、もう少し詳しい情報がほしいと思い、近所に住む女性教師に聞いてみようとおもいましたが
機会がありませんでした。
それでも夫がどこかでおおまかな内容をキャッチしました。

どうやら、今の政党「エンナハダ」の人気集めキャンペーンで、
みんなの健康づくり推進の催しの一貫なんだそう。
この町はエンナハダ支持がかなり多いのです。
(そのせいか、最近は道路を広くしたり、水道やガスのインフラ整備が進んだりしています)

もともと人気がある町でキャンペーンをやってもなア、と思うのですが。。
「油と糖分は控えましょう!」とか
「運動をしましょう!」と医者がいい、計り放題の血圧計や体重計があったりするのかしら。
そして注射は、なんの注射?
気になる~~!
by msbrick | 2013-10-20 23:11 | 日記 | Comments(0)

ザ・おじさん!

やっと犠牲祭も終わり、ボチボチ店も開店し始めました。
水・木曜と市場が通常だと立つのですが、お休みだったので
野菜や果物がなくなって困ります。
肉と豆と炭水化物でなんとか来週まで乗り切らねば。。

そうそう、犠牲祭って、こちらは羊を屠るので、それがあたりまえかと思っていましたが
場所によっては牛やヤギを屠るようですね。
そもそもの故事は屠ったのは羊ですが、
神のために命を差し出すことを辞さない決意の表明(でいいのかな)、という意義を考えると
他の動物でもかまわないのかもしれません。

さて話題は変わって・・
最近、リュウグウノツカイという巨大な深海魚の死骸がアメリカで引き揚げられましたね。
私は別に「魚大好き!」というわけではないのですが、
家に魚図鑑があるため何となくパラパラと見ていたら・・

f0253303_03738.jpg
魚の中に「おじさん」が!!(いつもながらピンボケです・・)

まさかあ~、と2度見して、一人でウケてました。
食べられるようですが、市場で「オジサン」として売ってるんでしょうか。
by msbrick | 2013-10-19 00:09 | 日記 | Comments(2)

犠牲祭

今日は犠牲祭でした。
朝から夫の実家で羊を屠りました。(私はほとんど見ているだけですが)

実家では、長男一家の分、伯父さんの分、うち&義母の家の分と、3頭やりました。
去年・おととしは他の家族も合同で5頭だったので、今年は少なく感じました。

喉元を切って血を出し、足もとから自転車の空気入れで空気をいれて皮離れをよくしたら、
皮をはぎます。
逆さ吊りにして血をだしつつ、内臓を取り出します。ここまでは男性の仕事。

女性の仕事は、もっぱら内臓と頭部の処理です。
頭部と足は直火で炙って、脳みそを出すようです。足はスープのダシにでも使うのかな。
脳みそは卵焼きに入れたものを食べたことがありますが、コクがありました。

内臓はきれいに洗って・・・これが大変な作業です。
心臓・胃・大腸・小腸等々、それぞれ「なるほどなあ~」という形ですよ。
大腸には水を入れて空気を吹き込み(口で)、中をきれいにします。
肺は毛細血管に血が溜まっているので、やはり空気を入れて膨らましてから切りつけ、血をきれいにします。
小腸は細くて長いので、中に小さな棒を入れて中のものを押し出します。

そしてきれいにしたあと、またひと仕事。
ウスバーンと言われる、腸詰ならぬ胃袋詰めの準備。

胃袋を適当な大きさに切ったあと、胃壁を分離させて(これがちょっと大変)袋状にして裏表にしておいたものに、
臓物類を塩ゆでして細かくきったもの、イタリアンパセリ、塩、香辛料、米、油を入れてまぜた具を詰め、糸で縛ってボール状にするのです。
私はこれが入ったクスクスがとっても好きなんです~!

上記の作業を3頭分やるのでかなり大変、時間もかかります。
女性たちはかしましくおしゃべりしながら作業してます。よく話題があるなあ。

百聞は一見にしかずなので、写真があるといいですが
こういう時に限ってなぜかカメラを忘れてしまう・・・。

一番写真に撮りたかったものは、胆嚢です。
美しい青緑色をした液体が入った小袋でした。
すご~く苦いので料理には使わず、羊の中では珍しい『利用されない』部分です。

今年は羊価格が高いので、買い控えているのかと思いましたが、
なんのことはない、ほとんどの家で羊を用意していたようです。
特にこちらは保守的な田舎ですしね~。
高いからやめようかと思ったけど、やはり習慣だからと調達したのでは。

それでも、一連の作業がとても大変なことを思うと、
時代とともに『羊を屠る日』が『羊を食べる日』に変わっていくかもしれませんね。
by msbrick | 2013-10-15 17:13 | 日記 | Comments(2)