人気ブログランキング |

どこで

今回の妊娠で、さて出産はどこで?と考えた時、当初は「もちろんここチュニジアで」という答えしか浮かびませんでした。
夫の親類の女性たち、近所の人たちと同じようにこちらの公立の病院で。
今後こちらに住むならばそれが自然な選択です。
以前近所に住んでいた知り合いが私設のクリニックで帝王切開したのですが、完全個室で設備もまあまあよかったと聞き、それもよいなあ~などと、ポワンと思っていたのです。

でも、だんだん不安になりました。
まずは費用の問題。
何もリスクがなく母子ともに健康、公立病院で普通分娩で出産、その日か次の日に退院・・と皆のようにトントン拍子にいくとは限りません。
どちらか、または母子ともに何かあった場合、都市部の私立の高度医療を受けることになります。治療が長引いた場合、高度な手術を受けた場合の費用は計り知れません。みんなどうしてるんだろう。教えて~!!

もうひとつ、産後の問題。
分娩後は当日~3日で退院しますが、帰宅してゆっくり休めるかというとそんなことは望めません。
もちろん何もするつもりがないというわけではないのですが、通常通りにはなかなか動けないものです。
こちらの女性たちを見ていると、出産した女性側の女の親戚、母親なり姉妹なりいとこなりが来てしばらくは手伝いをしています。夫側の親戚は家庭文化が違いますし、遠慮も距離もあります。お産はやはり非常に繊細なものなのだなあ。。
私も具体的に想像してみて、夫の親戚に何かお願いするのは嫌だし、できれば夫にいろいろ手伝ってもらいたいと思ったのですが、夫は産後の世話は協力できないとはっきり言っており無理でしょう。。

ならばいっそのこと日本で!
医療設備が整っていて安心、明朗会計、産後は両親に少し手伝いをお願いして・・。ああ、なんてすばらしい。
でもこれも大きな問題が。そう、かなり長い期間家族バラバラになってしまうのです。
新しい家族のメンバーの誕生をみんなで迎えられないという最高・最大の欠点が!

それでしばらく悩んでいたのですが・・・
秤にかけて重くなったのは「日本行き」だったのです。
よって、日本で出産することに決めました。

言い訳っぽいですが、日本での出産は私にとってはかなり「負け」なんですよ。
私はチュニジアに負けた・・こちらでやっていこうとしているのに、くじけてしまった。出産程度でビビって、逃げて。
後遺症が残ろうが死のうが(大げさ?)産後苦しかろうが、こちらでやっていくと決めたら腹をくくれば?このダメ人間!!
そう言って横腹を蹴り上げるもうひとりの自分がいるのです。

日本に行くのはうれしいけれど、家族と離れることも含めとても複雑な心境の私なのでした。
by msbrick | 2014-11-29 19:40 | 日記 | Comments(5)
Commented by moani at 2014-11-30 21:16 x
おめでとうございます゚・*:.。. .。.:*・゜!!!
マリちゃんもお姉ちゃんになるのですね♪
お身体にお気をつけてお過ごしください。
日本で楽しみ~にお待ちしています(o^^o)
Commented by msbrick at 2014-11-30 23:15
moaniさん、ありがとうございます。最近やっと、新顔の母親になれる喜びがじわじわと感じられるようになりました。日本行きはもうすぐ。こちらもお会いするのが楽しみです!
Commented at 2014-12-05 14:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by msbrick at 2014-12-10 22:10
marthaさん、ありがとう~!予定は5月中旬だよ。日本に行ったらもちろん連絡するね。なんだかんだ言って日本楽しみ!
Commented by martha2nd at 2014-12-11 12:39
5月中旬か。いい季節だね!連絡楽しみに待ってるね^^
<< ドーナツ よくなりました >>