人気ブログランキング |

犠牲祭

昨日は犠牲祭でした。
前記事でもふれたとおり憂鬱で、「嫌だあ~!!」と叫びたいくらいだったのですが
いざ行ってみると、考えていたより嫌じゃなかったんですよ。
今年は雨の晴れ間だったせいかハエがいつもの2分の1くらいだったのと、
女手が少なすぎてやることがたくさんあったことがよかったのかな。
いつもみんな忙しい中、一人何していいかよくわからない中途半端な立場が嫌だったんですよね。
内臓洗いとその場で食べる肉の切り分け、胃袋の詰め物作りを補助してきました。
内臓洗いは苦手な処理があって相変わらず私にはちょっとキツいんですが、さすがに慣れてきました。

肉の炭火焼のまあおいしいこと。息子は自分で焼いてやけどしながらたくさん食べていました。
お昼は肉を油とスパイスで柔らかく煮込んだものをパンにつけていただきます。これも毎年恒例。
私はいわゆる「肉」の部位が好きですが、義母などほかの人はシャハムと言われる脂肪の部分が大好きでたくさん食べます。
脂肪の油煮込み・・

帰宅の際に、切り分けたお肉と、義母がお手製の木炭をたくさんくれました。これで家でも炭火焼きができます。
今度日本に帰れたら火箸も欲しいなあ。
by msbrick | 2014-10-05 16:02 | 日記 | Comments(2)
Commented by martha2nd at 2014-10-07 12:42
とても貴重な文化だね。確かに内臓洗いとか辛そうだけど。
肉を油で煮込むって不思議。から揚げになっちゃわないの?
ちゃんと煮込めるんだね。それにしても新鮮なお肉を炭で焼いて食べるなんておいしそう。最高の贅沢だね~
Commented by msbrick at 2014-10-09 23:44
煮込む時には水も少し入れるんだけど、油が500cc以上入っているからね~。たぶん想像できないだろうなあ。
大変だけど、貴重な体験させてもらってます。
<< 義母の犬 この土曜は >>