人気ブログランキング |

またまた、結婚式

イードが終わると、怒涛のようにやってくる結婚式。
8月は3件もあり、うち1件は夫の従兄弟の子供のもので、昨日、明日、明後日と続きます。
そう、1件の結婚パーティが長いのがチュニジア式で、今回のは5月の義姉のように簡略でなく、本式でやるので全部で1週間くらいかかり、そのうち私が顔を出すのが3日間です。
荷物を新居に運ぶ日、ハンマームの日、ヘンナの日、内輪だけのパーティの日、書類サインの日・・・いやいや、大変ですねえ。
招待される方は気持ちのお祝い金を渡し(この時ものし袋だののお作法がないので楽チン。現金裸のままそっと渡すだけ。)、音楽を聞いたり踊ったり、好きに過ごし、自分の都合で途中退出OKなので、個人的には気楽でいいと思います。

でも・・困るのがパーティ用の服!!
3日間もあると、毎回同じというわけにいきません。
若い子はキュートなおしゃれ服で何とかなりますが、私くらいの年の人は、みんなパーティ用の服を何着も持っていて、いつも違うのを着てきます。
この、パーティ用のフォーマル服がやけに高いので泣きたくなります。。
このへんの女性の1ヶ月分の給与くらいでしょう。みんなよく買うなあと思います。

それだけの大枚はたいて買うお洋服は、目の保養になります。
普段は化粧っ気のない女性たちがみんなこぞってお化粧バッチリし、ここぞとばかりに美しい服で着飾るのですから。
昨日はスゴい人もいました。真緑のスパンコールを全身に散りばめたロングドレスのブロンドの女性。ゴツい金のアクセサリーもジャラジャラつけていたので、歌手かと思いましたがただの招待客でした。
ダントツ目立ってましたね~~場末のスナック巡りの演歌歌手でもこれはないわ・・な感じなんですが、不思議に似合って違和感がなかったですね。

小さい女の子もいろいろおしゃれします。(子供服も高いんだ、これが。。。)
マリもお気に入りの水玉ドレスを着て、最前線で踊ってました。この子は間違いなくパーティを満喫するタイプです。飲み物をさっさと自分で調達したり、花嫁の隣りに座っておすましして、ポワーンと花嫁気分に浸ってみたり。

男の子と男性は清潔でさえあればテキトーな服でいいので、それは助かります。
男の子はフォーマルなんて堅苦しくて無理です。すぐ汚してくるし。夫もだ・・

あまり娯楽のない田舎では、人々にとっては結婚式が最高の娯楽であり、気分転換なのです。
私も普段出かけるところがないので、「今夜はお出かけがある!」と思うとちょっと楽しいです。
それだけこっちの暮らしにドップリつかってるんでしょうかね~。

f0253303_3172257.jpg
結婚式大好き!
by msbrick | 2014-08-01 18:32 | 日記 | Comments(0)
<< 花嫁さん 断食が明けて >>