人気ブログランキング |

大草原の

TVのチャンネルを変えていたら、たまたま「大草原の小さな家」をやっていました。
おお!懐かしい!ローラ~!チャールズ父さん~!!
小学生の頃、よく見ました。
キャリーが森で妖精に会うという回でしたが
あんなに熱心に見ていたのに、この回は覚えていませんでした。

ところで。
子供の頃見ていた時は、ストーリーの面白さにも惹きつけられましたが、
「アメリカの昔って、生活が大変だったんだな・・」と、暮らしの違いにも大きなギャップも感じていました。
水道はないし、トイレは家から離れているし、
明かりも暗い、車がないから馬車、電話もない・・なんて不便なんだろう、
そんなところでこんなふうにくじけずに暮らせるなんて!
そんなふうに思ったものです。

でも、今見ても・・・違和感ゼロ!!

なぜなら、こちらの田舎の暮らしって今でもこんな感じだから。

服も、女の人は長いゾローっとしたの着てるし。
電気はあるけど明るくないし。何ワットなんだろ。
家によってはトイレは離れてて、夜なんか怖いし。
馬車?健在健在!ロバ車も普通。みんなで乗り合って市場へ行きます。幌はないけど。
水道がないから皿洗いも洋服洗いもたらいで外が常識。

それに、あのインガルス一家って、そう貧乏でもないんですよね。
私の中では『貧しく厳しい生活の中、助け合う家族愛の物語』となっていたのですが、
父さんは働き者で普通に収入があって、質素だけど食べるものに困っていないし、
当時としてはごくごく一般的な経済状態の家庭だったんでしょう。
まあ、これはドラマであって、本当のインガルス家は違ったかもしれませんが。

それにしても、何年ぶりかでこのドラマを見て感激、感激でした。

他にもいろいろやってますよ・・風雲たけし城とか、タイガーマスクの漫画とか。
やってるとつい見ちゃいますねえ。。
by msbrick | 2014-03-18 21:57 | 日記 | Comments(0)
<< ヘチマちゃん ホワイトデーのプレゼント >>