人気ブログランキング |

チュニジアで病気になると

階下に住む世帯(うちの大家さんの弟一家)の奥さんが、
胆石で手術をする、と聞いたのが2週間くらい前。

そういえば、最近奥さん見ないな~、と思っていたら病気だったのか。
私より少し若いけれど、18歳と15歳の元気すぎる男子をもつお母さん。
女の子も欲しかったワ~、と言ってうちの娘をとても可愛がってくれる方です。

先週月曜に手術と聞いていたけれど、日曜に病院に行って、その日のうちに帰宅した様子だったので
あれ?月曜じゃなかったかな?
それとも、先生の都合で日を延ばされたか(ありそうな話・・)?
と思い、あまり気にとめていなかったのですが

昨日、すごい唸り声がしたんです!それと、これまた大音量の嘔吐の音。
長い時間続いて、本当に辛そうでした・・
階下はおトイレが外にあって、音が筒抜けなのです。

夜、帰宅した夫に
「胆石の手術ってそんなに延ばせるもんなのかな?」と話を向けると

「あ~、あのひとはねえ、手術が怖くなって、逃げてきちゃったんだよ」

え・え~!!
でも、でも、それもありうる話。

去年まで近所に住んでいた日本人女性は、
出先で急病になりやむなく公立病院に行って、散々な目にあったと言っていましたっけ。
点滴はいいかげんで青くなったり腫れたりだし、
大部屋だと看護師が病室の前で名前を呼ぶだけで、ベッドまで来ないので
痛いし具合悪くても歩いて行かなきゃならない。

義母も昔入院した際、対応が非常に悪かったらしく大の医者嫌いになり、二度と行きませんし、
故・義父も同じく医者ぎらいで、心臓疾患のときはシブシブ私立病院に行きなんとか治療をうけていました。

それでも、日本人女性も義母も治療は的確だったらしく、元気です。
対応がヒドイ上に病気も治らないのでは病院の価値ないですがね~

きっと階下の奥さんも病院で説明を受けて、病棟を見たりしているうちに
恐怖が襲ったのかもしれません。
それでも・・あんなに苦しそうなのも我慢して・・そんなに嫌だったのか!!

私もこちらで長く暮らしていれば、病気にかかります。
風邪やちょっとした怪我ならなんとかなりますが、
入院しなきゃならない病気になったら・・と思うと、ゾ~っとします。

最近やっとこちらで長く暮らす決心がついたのに、
体の調子が悪いと気も弱くなりますから・・
病気になったら、こちらで完治を目指そうと、はたして思えるだろうか??
不安がモクモクと出てきます。

まあ、案じても仕方ないので、病気の予防だけは気をつけたいと思います。
まずは食生活の見直しと、運動不足解消かな?
by msbrick | 2013-09-02 22:37 | 日記 | Comments(0)
<< 体調と悪夢 夏が終わっちゃった! >>