人気ブログランキング |

久しぶりに実家へ

かなり久しぶりに夫の実家に行ってきました。

私が住む家から実家までは、同じ市内とはいえ片道6キロあり、
夫に車を出してもらわないと行けないこともあり
足が遠のいていました。

歩けないことはないんですよ、
自分の実家ならきっと早朝に猛スピードで家事をこなして
子連れで出かけることでしょう。

でも、やはり夫の実家・・・他人ではないとはいえ、そこまでして行く元気がありません。

行けば行ったで気分転換になり、
「ああ来てよかった」といつも思うものの、
話題がないし、よその家なのですることもなく
ちょっと退屈を感じるのも事実です。

今日は夫が「たまには顔をみせよう」と言ったので、そういえばそうだと思い行くことに。
いつものことながら、義母はとても歓迎してくれました。

義母
「マリやユーや息子(夫のこと)はよく来るのに、あなたはなんでいつも来ないの。
ひとりで家にいるなんて、とても耐えられない」


「私はひとりでいるのが好きなんです。
かえって子供から解放されてうれしいくらいです」

義母
「そんなこと言ったって・・。
お父さんもお母さんもきょうだいもいない異国にきて一人ぼっちで。
ソニヤ(義兄の嫁)はお母さんも妹も働いていてつまらないからと言って、よく子連れで来るよ。
あなたも来なさい。
いい?毎日、いつでも来なさい。」

私がわかりましたというまで、これが続きます。
口先だけのことばではないというのがとてもよくわかり、いつも心が暖かくなります。

義母は大家族で、隣近所の人とも協力しあって生きてきた世代で、
人間が好きなタイプの人です。
彼女にとって、私はとても信じられない類の人種らしいです。

私のことをわかってくれなんて言う気はありません。
ひたすらに気持ちがうれしいです。

息子が成長して、もし息子に嫁ができたら
私は彼女に「いつでもおいでヨ」と歓迎できるかな???
そんな人になりたいです。
by msbrick | 2013-06-01 19:52 | 日記 | Comments(4)
Commented by martha2nd at 2013-06-03 10:21
優しいお義母さんでいいね!うちの義母も優しいけど。そういう気持ちほんとに嬉しいけど、やっぱり一人でいるのが好きなんだよね、私は^^;
Commented by msbrick at 2013-06-03 19:34
お互いにいいお義母さんでよかったね!
だいたいのチュニジア人は、一人=寂しい・・みたいな考えで。一人が好き派の理解は得られませんなあ。文化のギャップを感じるよ。
Commented by martha2nd at 2013-06-05 13:49
そうなんだー。ブラジル人もそういう人がほとんどみたいよね。いつか比較文化的番組で「一人で海外旅行?しんじらんなーい!」と言っているブラジル人がいたよ。韓国人も一人旅なんてありえない、って人が多いみたい。突然一人旅の話になってしまったケド。
Commented by msbrick at 2013-06-06 00:56
韓国人で若い男性の一人旅の人けっこう見かけたけど、女性は見なかった、そういえば。ブラジル人は絶えずしゃべってそう(偏見?)だから一人は辛いのかな~。
日本も、昔は女性が一人で温泉に泊まると「自殺客?!」と危険視された時代があったらしいね。今はそんなことなくていい時代になったわ。
<< 失敗転じて夫婦の時間 台所たてこもり >>