人気ブログランキング |

疲れる春休み

ユーのお友達のMくん、よく家に遊びに来るので
おやつや飲み物、軽食、時によっては食事もいっしょにしていました。
日本では食事はともかく、おやつはみんなでわけるのは普通ですよね。

でもこのへんのルールで
『よその子に食べ物はあげない』
という暗黙の了解があるようなのです。
ユーの交友範囲が広がってそれがわかってきました。
ま、あげるとしてもアメ程度でしょうね。

そればかりか
『よその子は家に入れない、家で遊ばせない』
というのも一般的。
確かにユーはよその家で遊ばせてもらったことは、
引っ越してしまったWくん家を除き・・ほとんどないですね。
みんな一方的にうちに来ます。

「よその子に何かをあげると、それが目当てで付き合うようになる。
家に入れると家が荒れるし、あのうちはああだとかしゃべるでしょう。
外で遊ばせて、自分の子だけに何かをあげればいいのです。
それが一番トラブルがないから。このへんは皆そうですよ」

と、近所に住むユーの元担任の先生にアドバイスされました。

なるほどな~、と思うのですが
ユーが家にMくんを連れてきて、そのままおやつの時間になって
自分ちの子だけにあげる・・てわけにもなア、と
いっしょにあげていたのですが。。。

このごろ、Mくんが家を物色するようになってしまったのです。
「冷蔵庫にヨーグルトがあるね。食べようよ」
「お腹すいたな。サラミのサンドイッチでも作ってもらってよ」
「あー、バナナ食べたいな。一緒にたべてもいいかきいてみてよ」
↑ 直接私に言わず、ユーが食べたいもののお相伴にあずかるという感じにするところがミソ

おやっと思い、よくよく観察していると
あまり見られたくない棚の中とか、引き出しの文房具箱をいじくっているのも発見!
盗むわけではないし、見つけたらその場で注意はしていますが
ちょっと気分がざわざわします。
家に遊びに来て外にまた出るときに、息子の靴を自分の靴のように履いていくのも
「???」

食べたいものを食べたいと言ったって
たいしたものははいっていない棚のウラをかきまわしたって
息子の靴を履いたって
別にいいじゃないか・・・

いや!!やはりこのままではよくない。
この国民にありがちなクレクレ根性になってしまうぞ。
おばさんは君をそんな大人にさせまい。
(ていうか、私の精神衛生上よくないというのが本音。)

そう思い、ご飯時には家に無理やり帰らせ、きちんと家で食事をとるように言い
靴も自分のを履くように言いました。
Mくんは素直に従ってくれ、息子との友情にヒビも入らなかったようで
今日も仲良く遊んでいます。


は~~。
春休みって、、疲れる。。。
by msbrick | 2013-03-29 23:37 | 雑感 | Comments(0)
<< ユーを見習おう にさーい >>